金利の選択

金利には固定金利と変動金利があります。
固定金利にも様々な種類があり、数年の固定金利から10年、そして35年の固定金利まで様々です。
長い金利を選んだ場合、金利が下がると損をした気分になりますが、金利が上がった場合でも安心ができます。
変動金利ですと、金利が低い時には支払額が抑えられ、高くなるとその分支払いが上がりますから、安定性があまりありません。
銀行によって、固定であっても変動であっても優遇が受けられる場合がありますので、金利優遇を受けることができる銀行で、ローンを組むことが望ましいでしょう。
金利が高ければ高いほど、総額の支払額は増えますから、できるだけ早く繰り上げ返済などをし、総額の支払いを抑えると利子の支払いが少なくて済みます。
家の買い替えをする場合、現在の家を買取することになるかと思いますが、できるだけ高く購入できるようにし、そして、少しでも頭金を入れることができると、その後のローン返済が楽になりますし、長期間の返済をしなくてもすみますので家計にも響きにくい事でしょう。
金利が上がるか下がるかは一般の人にとって見極めは難しい事です。
変動金利を選択した場合、上がったから固定金利に変えようと思っても、高い金額の支払いは免れません。
できるだけ金利が安いと言われている時に物件の買い替えや購入を決めることで、様々な物件が買い時となりますから、現在の住まいの買取もスムーズに進むことでしょう。

ページの上部へ